ハンドクリームでべたべたしないおすすめのものは? | ハンドクリームの使い分け

ハンドクリームの使い分け
Home » ハンドクリームの使い分け » ハンドクリームでべたべたしないおすすめのものは?
ハンドクリームの使い分け | 04月27日更新

ハンドクリームでべたべたしないおすすめのものは?

ハンドクリームは成分や機能によって使用感もいろいろあります。
手肌に油分やうるおいを与えてくれるものですので、中には多少べたつきがあるものもあります。
ここではべたべたしないながらもしっかりと保湿してくれるハンドクリームをご紹介します。

「オルビス ハンドトリートメント」は塗ったあとすぐにサラサラな状態になり、撥水性があるので少し濡らしたぐらいでは水を弾いてくれる、ヴェールに包まれたような使用感があります。

「薬用ハンドベールうるおいさらっとジェル」はネーミングにもある通り、ジェル状のクリームを塗った後すぐに浸透し、さらさらの手になります。
手作業やパソコンをいじる場合など、このハンドクリームは重宝します。

「プロ・業務用ハンドクリーム」はネットなどで購入できますが、しっとりしながらもべたつかず、天然の保湿成分で料理中などでも使えるすぐれものです。

「ワンダーハニーハンドクリーム」はしっとりタイプととろとろタイプの2種類を展開していますが、どちらもべたつかず使用後はすぐにさらっとした感触になります。
アロマの香りがほのかに香るクリームではちみつ水配合のマイルドなハンドクリームです。

「ママバター」はシアバター配合で無香料無着色、鉱物油やパラペンを使っていません。
爪にまでしっかり塗り込むとさらりと馴染んで潤いが持続し、しかもべたつきません。

以上ご紹介した以外にもべとつかないハンドクリームはたくさんありますので、口コミなどを参考に店頭のテスターで試してみると違いが実感できると思います。
クリームの質感は少しかたかったり、クリーム状だったり、ジェル状だったりとさまざまですが、高浸透高保湿といわれているもののほとんどが肌にすっと馴染みながらもしっかりとした潤いを与えてくれるハンドクリームなようです。