ハンドクリームの選び方 | ハンドクリームの使い分け

ハンドクリームの使い分け
Home » ハンドクリームの使い分け » ハンドクリームの選び方
ハンドクリームの使い分け | 04月27日更新

ハンドクリームの選び方

ひとくちにハンドクリームと言ってもとてもたくさんの種類があります。
乾燥を防ぐために使うのか、すでにひびやあかぎれができてしまっているところに使うのかによっても、主成分を確認してお肌の状態に合ったものを選ばないときちんとした効果が出ない場合もあります。
また、ハンドクリームには香りを楽しむためのクリームや、UV機能のあるものなど用途によっても色々なタイプがあります。

手荒れや乾燥が気になるのでハンドクリームを使うという場合は、アレルギーなどがないのであれば保湿成分に特化したものを選ぶとよいでしょう。

乾燥したうえにゴワゴワになってしまっているならば、傷がなければ尿素系のハンドクリームが効果的です。
尿素には硬くなってしまった角質を柔らかくして肌のターンオーバーを助けてくれる機能があります。
ただし使用頻度が高いと皮膚が薄くなってしまう恐れがありますので注意が必要です。

ひびやあかぎれができている場合ははビタミン系のクリームやワセリンが向いています。

家族みんなで使うようなハンドクリームとはまた違い、お気に入りの香りを楽しみながらハンドケアをするのも癒やし効果もあっておすすめです。
香りに特化したハンドクリームはアロマ成分も配合されていたり、好みや気分に合わせて様々な香りのものが出ています。
中にはとてもラグジュアリーなハンドクリームもありますので、使うたびにリッチな気分を味わえることでしょう。

また、ハンドクリームにUVカット機能と保湿成分を含んでいるものや、それにプラスして美白成分も入っているものもあります。
乾燥の気になる季節でもきちんと紫外線ケアもするというすぐれものです。